ニューハーフと出会うなら「PCMAX」(18禁)
https://pcmax.jp
累計利用者数1400万人以上!1通のメールできっかけ作り

「MtF」とは

「MtF」とは

MtFは「Male to Female」の略で、『身体は男性、心は女性』の人を表しています。

つまり、周囲から女性として認められ女性として生きていきたいと考えている人のことです。

単に「女性として見られたいだけの人」と思われがちですが、そこを混同されることに彼女たちは不満を抱いています。

さらに、女性ホルモンを投与していない人は、男性の服を着ているだけで『女性っぽいゲイ』だと勘違いされやすく、オネェ系有名人などとごっちゃにされることを快く思わない人が多いです。

年齢が若いうちは男性と女性のちょうど中間くらいのルックスをキープできても、加齢とともに男性ホルモンが強く作用し、慌ててホルモン治療を始めるMtFもたくさんいます。

また、MtFのことを「男性に愛されるために女装をしている」と思う人も多いですが、恋愛対象はあくまで『女性』というMtFもいるので注意が必要です。

「MtF」の注意点

●「MtFTG」

「MtF トランスジェンダー」の略称で、社会的に男性としてではなく女性としての生活を送りたいと考えている人のこと。

●「MtFTS」

「MtF トランスセクシュアル」の略称で、女性としての社会性だけでなく、身体的にも女性らしい体を手に入れたいと考え、医療的処置(性転換)を考えている人のこと。

●「MtFビアン」

恋愛、性愛ともに男性ではなく女性を対象としている人のこと。MtFの相手に対して恋愛や性愛を感じるMtFビアンも存在し、性別としての自己認識は女性です。

「FtM」とは

FtMは「Female to Male」の略で、『身体は女性、心は男性』の人を表します。

外見がボーイッシュな女性や、どこから見ても男性にしか見えない女性たちもすべて「FtM」に分類されます。

かなり広義にとらえられるように思いますが、現在では「身体は女性だけど、男性として見られたい」という条件に当てはまっていれば、いずれの人も「FtM」のカテゴリーに属すると言われています。

もちろん、男性としての条件を満たすほど男性として扱われやすくなるため、年齢が若いうちは外見上「ボーイッシュ」と見られている女性も、加齢とともに男性ホルモンを投与したり縮胸手術などで「男性度」を上げている人もたくさんいます。

男性ホルモンを投与し始めると時期に変声期が訪れ、体毛が濃くなっていくので、女性だと言われなければ見分けがつかないほどに男性として変貌を遂げる人も少なくありません。

また、ペニスの除去手術を受けなければ戸籍上の性別変更ができず、本気度が高い人は安くて技術があるタイへ渡航し性転換手術を受けています。

「FtM」の注意点

●「FtMTG」

「FtM トランスジェンダー」の略称で、社会的に女性から男性としての生活を送りたいと考えている人のこと。

●「FtMTS」

「FtM トランスセクシュアル」の略称で、男性としての社会性だけでなく、身体的にも男性らしい体を手に入れたいと考え、医療的処置(性転換)を考えている人のこと。

●「FtMゲイ」

恋愛、性愛ともに女性ではなく男性を対象としている人のこと。FtMの相手に対して恋愛や性愛を感じるFtMゲイも存在し、性別としての自己認識は男性です。

「MtF」と「FtM」の違い:まとめ

「MtF」と「FtM」の違いをまとめておきます。

「MtF」のまとめ
①性別認識は女性なので、女装が趣味の男性、オネェ系の「ゲイ」と呼ばれる人とは別カテゴリー
②男性を好きになるとは限らない
③手術まで望まない人も多い
④「MtF」向けの通販もある
「FtM」のまとめ
①性別認識は男性なので、男装が趣味の女性、ボーイッシュ系のレズビアンの人とは別カテゴリー
②女性を好きとは限らない
③手術まで望まない人も多い
④男装するだけでも男性として見られやすいため、FtXとの間をさまよう人も多い

※『FtX』…どちらでもあるような、どちらでもないような、中性的な性別認識を持った人のこと

いかがでしたか?

ニューハーフやビアンの人ことを語るとまだまだ奥深いのが正直なところですが、ネットでは『MtF』『FtM』というワードはよく見かけますので、これらの違いをまずはしっかり押さえておいてくださいね。

あなたはニューハーフとのセックスがしたいですか?

ニューハーフと出会うなら「PCMAX」(18禁)
https://pcmax.jp
累計利用者数1400万人以上!無料登録から始まる出会い

 

出会い系デビューするなら「ワクワクメール」(18禁)
https://550909.com
累計利用者数800万人突破!プロフ閲覧無料でコスパ最強

おすすめの記事